blessgarden

shizukk.exblog.jp
ブログトップ

真夏の木陰

庭作り18年の間に、木は大きくなり、夏には木陰が涼やかな風を呼んでくれるようになった。南を向いている庭にしては日陰もいっぱいで、日光の苦手な植物も夏越しが楽にできるようになった。
d0298558_08500532.jpg


庭作りのスタートは木を植えることからだった。ドイツとうひ、武蔵けやき、アメリカふう、しまとねりこ、暖地黄桃、夏つばき、常緑やまぼうし、月桂樹、オリーブ、各種コニファー、等 車に積める大きさの苗木を買ってきては、夫と穴堀りをして植えていった。

いちじくの葉に朝日が当たり、光と影のコントラストがはえる夏の朝。
d0298558_08500722.jpg

果樹コーナーを作って、いちじく、りんごアルプス乙女、クラブアップル、カシスなど植えていった。


二階から庭を見たところ。
朝起きて、まずこの景色を見るのが日課。
大きな木の間あいだにバラや小低木、下草にぎぼうし、班入り三つ葉など葉色の明るいものを植栽。
d0298558_08500981.jpg


しまとねりこの涼やかな木陰。枝には小鳥の姿がよく似合う。

d0298558_08501209.jpg


暑さの中、しまとねりこの花が
てっぺんで咲きます。
d0298558_02411521.jpg



暖地黄桃の枝が伸びて、しまとねりことトンネルに。
d0298558_08501616.jpg


朝日が生い茂ったワイヤープランツに当たって光の道が夏の庭に映える。
d0298558_16573206.jpg


8月に入ると、もう空は秋の気配。
d0298558_08501982.jpg


この18年で 一番成長したのは
ほうき状に育つ武蔵けやき。
屋根を越してしまいました。

d0298558_08502336.jpg







[PR]
# by shizukk2000 | 2017-08-08 21:30

なつゆき花

暑い上に湿度も相当な正に日本の夏を乗り切ってる花達

なつゆきかずら
一日で50センチくらい伸びてのびて、他の植物に覆い被さっていきます。ほっとくとえらいことになって、もう根元から切り取ってやろうと思うほどですが、今年は時間もあって 毎日のように蔓を絡めたり切ったりしてあげれたので こじんまり密に育ってくれました。暑さの中、涼やかな白い花を見ると排除しなくてよかったと思わされます。秋には蔓を刈り取って庭のオブジェを作ります。
d0298558_14410796.jpg


みぞはぎ 園芸品種
知人宅の庭に庭師さんが入れていたみぞはぎのこの色に惹かれて、去年株を分けてもらいました。
お盆の花として田舎の道端に咲くみぞはぎはやはり夏にi強い❗

d0298558_14411256.jpg

d0298558_22012074.jpg


鹿の子百合も真夏の百合
花弁を反らせてうつむきに咲く姿に惹かれます。
d0298558_14411663.jpg

これも朱色の鹿の子百合

d0298558_14411937.jpg


百日紅もこの暑さが大好き。これもお盆の花ですね。
実が開くと可愛くリースなどに使えます。
d0298558_14412167.jpg


10種類ほど植えているヘメロカリスの中でも最後に咲きだす種類
この色が夏の濃い緑に映えます。

d0298558_14412449.jpg


宿根フロックス
種がとんで逞しく大きく育ちます。
d0298558_21392238.jpg

種で色変わりも色々
d0298558_21392432.jpg



木陰がありがたいです。
年月を経た庭の木陰はまた色々な植物の生育環境の幅と植栽の可能性を拡げてくれました。
d0298558_21392631.jpg



[PR]
# by shizukk2000 | 2017-07-30 14:06

梅雨明け宣言の日のお庭で

ヘリオプシス バーニングハーツ
新しく入れた宿根草
葉っぱが銅葉で花の黄色も濃く、
暑さ寒さも強く夏秋と楽しませてもらえそうです。
d0298558_17495738.jpg


夏はなんといってもフロックス❗
白しか入れてない庭から濃いピンクや薄ピンクが?❕
d0298558_17500163.jpg

メドセージの濃い紫は庭のよいアクセントになります。この子は種でここに来たようです。根でも広がります。
d0298558_17500507.jpg

エキナセア 微妙なグリーンが写真で撮りきれませんが。

d0298558_17500931.jpg


西洋にんじんぼくの花が庭に涼しさを。

d0298558_17501215.jpg


d0298558_17501507.jpg



グレイス 暑いのに頑張ってます❗

d0298558_17501893.jpg


スーベニール ラマルメゾンもたおやかなピンクで夏を乗り切ってます。
d0298558_17502051.jpg


キャリアドも次々と暑くても蕾をつけます。
d0298558_17502359.jpg

[PR]
# by shizukk2000 | 2017-07-20 17:39

私の手慰み 落ちない栞作り

使ってみると意外と便利で助かる、マグネットで挟み込む 落ちない栞!
今流行りのデコパージュ用の糊で作ると簡単に作れます。

d0298558_01023340.jpg


用意するものは
・デコパージュ糊 セリアのが 使いやすいです。
・紙 折り紙や和紙 包装紙等少し厚めのもの
・刷毛
・マグネット 分割されていてシールになっているもの
みーんな100均で揃います。
d0298558_01023567.jpg


そして布地
約15×5センチあればオッケー
ちょっとした余りぎれや思い出のきれなど、せっせこ切りためておきます。
d0298558_01023768.jpg


折り紙のサイズは15×15センチなので、ちょうど3つ分できます。
左の白い型が栞ひとつ分、12×3.5センチです。
透明の型は半分の大きさです。
d0298558_01023906.jpg


さていよいよ接着❕
この作業がみそです。
まず紙の裏にだいたい布一枚分 デコパージュ糊を刷毛で塗り、布を貼り付けます。紙の向きは曲がりやすい方を横にします。
一枚貼ったら、今度は布の上に刷毛で糊を塗り、紙と布とが一体化するようにします。
糊は意外とすぐ乾くのでさっさか行います。
紙や布の厚さ、また糊の染み込み具合など、それぞれなので様子を見ながら、貼り合わせます。
布の色や柄と紙の色柄をマッチさせていくと楽しいです。
布はバイアスでも大丈夫!
好きな柄の部分を切り取ると、愛着もわきます。
d0298558_01024124.jpg


乾かして、本などを乗せてプレスしたものを切り分けていきます。
d0298558_01024442.jpg


半分に折り、型を鉛筆で取り、二枚合わせて線の内側を切ります。柄の出方を考えて切る位置を決めます。
最後にマグネットを貼り付けます。
マグネットを片方に貼り、その上に磁気の向きが合うようにもうひとつを重ねます。栞を半分に折ると、2個目のマグネットが丁度いい位置に付きます。
d0298558_01024604.jpg


完成すると、なんか 布地が活きて いとおしい一品となります。
読みかけの本やスケジュール帳、また2 3枚の紙をまとめるのにも重宝します。
なんせ落ちないから安心!
d0298558_01024852.jpg


今年は2つのチャリティーバザーとお世話になった、たくさんの方たちへのお礼に、300個位は作ろうかな💓

d0298558_01025092.jpg

[PR]
# by shizukk2000 | 2017-07-20 17:39

梅雨明けが待ち遠しいこの頃 Ⅱ

土を足したせいか今年はいい花が付きました。
d0298558_18202094.jpg


後ろ姿は百合の花!
d0298558_18202213.jpg

ポテンティラ スペシオーサ
こくっとしたピンクの花が次々咲いて、まもなく終了です。
d0298558_18202483.jpg


ウォールジャーマンダー
1本の挿し芽から3年目、こんなに広がりました。乾燥にも強く、なかなか丈夫です。
d0298558_18202668.jpg


名前が不明になってしまいましたが、わが家に来て7年ほど。今年初めて花がちゃんと咲きました。
葉っぱは紅葉もきれいです。
d0298558_18202809.jpg


バーベナ ハスタータ
ビーズのような花が可愛く、種で飛んで路地の隙間からも元気に育ちます。
d0298558_18203027.jpg

アキレア 色が気に入ってます。
d0298558_18203274.jpg

ぎょりゅう
d0298558_18203429.jpg

班入りの紫式部 の花。 珍しくて、実ができるのが楽しみです。
d0298558_18203647.jpg

ダリア
d0298558_18203887.jpg

[PR]
# by shizukk2000 | 2017-07-12 18:12