blessgarden

shizukk.exblog.jp
ブログトップ

オータム メッセージ


昼間はまだまだ真夏だけど、朝の気温は23度の日もあり、秋の虫も賑やかになってきた。
そんな季節の変化をいち早く教えてくれるのはバラの花色。
ついこないだにはクリーム色だったポエッツワイフさん。本来の色になってきました。
d0298558_16455198.jpg

ロイヤルジュビリーも花弁が増えて丸まってきました。
d0298558_16455653.jpg

キャリアドも色が出てきました。
d0298558_16460059.jpg

スノーグースもたくさん蕾をつけています。
d0298558_16460712.jpg


d0298558_16461266.jpg
夏から咲き始めた綿の花。やっと写真に撮れました。
d0298558_16470096.jpg
綿の花は1日でしぼみますが、この夕暮れ色も風情があります。


d0298558_16470547.jpg
メキシカンハット  又はヒメバレンギク、又はラティビダ


d0298558_16471026.jpg
へレニウム  ルビーチューズデーがようやく咲き始めた。


d0298558_16471590.jpg
ユーパトリウム   フジバカマ
もう15年ちかくも庭にいて、宿根と種で雑草のように増えています。
d0298558_16471949.jpg
いつのまにか交配して白い花も育っています。

d0298558_16475144.jpg
こぼれ種で育ったコクネシア
バッタのエサになりつつ花が咲いてきました。


d0298558_16475662.jpg
鳥取の海岸で育っていた植物、シルバーリーフがバッタもお気に入り。

台風21号の被害はほとんどなかったけど、何回かの台風で庭が荒れて、彩りのない庭になってしまった。こぼれ種から育っている逞しい植物の開花を楽しみに、深まる秋に向けてリニューアル月間にしよう!

[PR]
# by shizukk2000 | 2018-09-04 16:45 | ガーデンダイアリー

晩夏

ユーミンの晩夏  ♪ ゆく夏に〜 ♪ の季節。
久しぶりに聴いて、荒井由美時代の彼女の感性と自然の捉え方に感動。
             
            空色は水色に       茜は紅に
                  藍色は群青に       薄暮は紫に


d0298558_10134529.jpg
台風20号に備えて、まずは 花のカット、そして
スワッグ作り。
d0298558_10135090.jpg
紫陽花、オレガノ、ワイルドオーツ、西洋ニンジンボク、エキナセアの種、セージなど


d0298558_10135410.jpg
楽しみに待っていたへレニウム  タイダイの花。
やっと咲き始めました。
ロイスターウィッグは春先には少し陰になる所に植えたせいか環境が合わず自然消滅。
タイダイは一日中日の当たる法面の下の方に植え、乾燥と暑さに耐えて成長。もう一つのルビーチューズデーは同じく法面の上の方で時にはしおれながら成長。
別名 だんご菊の名前の通り、花芯がユニーク。


d0298558_10135846.jpg
綿の花はいつの間にか咲いて、もうかたい実が。


d0298558_10140339.jpg
サクシサ   プリマドンナ
サクシセラ  フロステッドパールとよく似ていますが、ほのかにピンクで成長ゆっくりです。



d0298558_10174394.jpg
カラミンサ  紫


d0298558_10174877.jpg
ポエッツワイフ 
 強風にも折れず、ちぎれず、頼もしい詩人の妻です。


d0298558_10175698.jpg
バーベナ  ブードゥースター
春からずーっと咲き続けています。


d0298558_10180025.jpg
春に分けて頂いた胡蝶蘭
外の日陰でぐんぐん成長。花芽が膨らんできました。
d0298558_10180951.jpg
根っこもニョキニョキ


d0298558_10200205.jpg
ガレージ奥に勝手に育っている山葡萄


d0298558_10200736.jpg
暑さで落ちた多肉の葉っぱから、もう赤ちゃん多肉が!
d0298558_10201365.jpg



d0298558_10202311.jpg
グリーンネットの花苗交換会に出す準備もオッケー。夏は4号ポットにしっかり根の張ったものを入れて提供。


d0298558_10203319.jpg
台風の準備はしたものの、やっぱり大きな鉢物は倒れました。これは地面に根が下りて動かせなかったコニファーの鉢。自然の力にちょっと感謝。

ゆく夏には少し寂しさが伴うけれど、その分、秋に向けて紅や紫、黄色と元気カラーのお花がスタンバイ。

[PR]
# by shizukk2000 | 2018-08-25 10:11 | ガーデンダイアリー

真夏日和 Ⅱ

d0298558_16095279.jpg
湧き立つ入道雲にも雷雨はなく暑いばかり。


d0298558_16100000.jpg
ルドベキア  中輪


d0298558_16101010.jpg
高砂ゆりが咲き始めました。


d0298558_16101781.jpg
ガイラルディア  グレープセンセーション


d0298558_16102956.jpg
風に揺れるワイルドオーツ
花屋さんのアレンジでこのワイルドオーツがとてもいい脇役をしていました。


d0298558_16111611.jpg
アルプス乙女  今年はこの4個のみの収穫


d0298558_16112094.jpg
ポテンティラ  ヘレンジェーン
昨年は南門の花壇で豪勢に咲いたヘレンさん。夏の暑さに弱り、ほとんどダメになりかけたのを掘り起こし植木鉢に移し、日陰へ。どうにか復活してきました。乾燥気味の午後からは日陰になるような場所がお好みのよう。

d0298558_16112441.jpg
ブルーベリーの実もわずか。


d0298558_16112901.jpg
丹波木綿の綿の種から育てました。もうすぐ開花しそう!


d0298558_16113753.jpg
みんな日陰で夏越し

[PR]
# by shizukk2000 | 2018-08-13 16:07 | ガーデンダイアリー

真夏日和


突き抜ける空の青さに緑のグラデーションが目に爽やか!大きくなった木のおかげで庭の木陰はほんとに爽やかな風が吹いてます。

d0298558_01065000.jpeg
連日、40度近い酷暑、猛暑。太陽が接近したような異常な日差し。根っこがしっかり土を捉えているものは、この夏を平気でのりこえているけれど、鉢物や今年植えつけた宿根草などは水遣りが欠かせない。グリーンネットのTさん曰く。夏の水遣りはいつも湿った状態にしておかないと、乾燥しすぎると雨水もしみ込まない状態になると。今年の夏は2、3日に一回は二本のホースを出しっぱなしにして、土の奥まで湿り気が届くようにしている。


d0298558_21273571.jpg
多肉はモリモリ元気に!
d0298558_21274331.jpg
デザートローズ  次々と子株が!

d0298558_15485061.jpg
多肉リースも賑やかに。

d0298558_15485791.jpg
昨秋に貝殻に植えたものがかなり成長
d0298558_15490605.jpg
サボテン  バニーカクタスと羅星丸    
子株が増えてきました。
d0298558_15491198.jpg
義父が育てていたベンケイソウ
葉の周りのピンクのラインが珍しい!


d0298558_21275108.jpg
暑いのにいつもより秋明菊の花が早めに咲き出した!

d0298558_21275975.jpg
いなくなったと思っていたバーベナが思わぬところから花をつけた!
セレネ  デニムブルー

d0298558_21280481.jpg
レッドネリー  最後の実


d0298558_21514454.jpg
サクシセラ  フロステッドパール
大株になり咲き出したが、暑さにやられ、枯れかけた枝も。
d0298558_15573055.jpg
ここは一日中陽のあたる場所だった!
d0298558_15574092.jpg
子株に期待しよう。


d0298558_21514645.jpg
おもしろい蕾のチーゼル
d0298558_21514997.jpg
チーゼルの花が咲きました。

d0298558_21515257.jpg
なつゆきかずらが咲き始めた。
この夏は早く過ぎてほしい!

[PR]
# by shizukk2000 | 2018-08-09 01:05 | ガーデンダイアリー

ホット サマーガーデン

d0298558_12091605.jpeg
ルドベキア   ヘンリーアイラーズ
結構背が高くなって、花が見えにくいのが残念。

d0298558_12094667.jpeg
夏に強いフロックス
d0298558_12110545.jpeg
冬に土壌改良を怠ったので、前からいるフロックスなどが、今年は花が少し貧弱です。

d0298558_12103998.jpeg
バラ、ロイヤルジュビリーも暑さに負けず元気ですが、花はカップからボタンのようにペタンコ状態

d0298558_12114044.jpeg
これはシャーロット。黄色系のバラはペタンコにならず、小さいけど、形を保ってます。

d0298558_12121596.jpeg
ヘリオプシス  バーニングハーツ
周りの新人さんに押されて、ちょっと成長が悪いです。
d0298558_12123611.jpeg
ルドベキア  タカオ

d0298558_12132929.jpeg
バーベナ ハスタータ
次々と花が咲きます。

d0298558_12141459.jpeg
鹿の子ゆり、今年の鹿の子ゆりは乾燥に負けて、下葉がほとんど枯れてしまいました。
この冬には一度球根を掘り上げて、もう少し日陰に移動させよう。

d0298558_12143157.jpeg
みそはぎも暑さ、乾燥にも強いです。

d0298558_12145680.jpeg
サルスベリ
来年はもっと地際から新芽が出るように上をカットしよう。

d0298558_12153210.jpeg
ルリトラノオとスズムシバナの葉っぱ

d0298558_12163456.jpeg
チーゼルの花が咲く前ととモナルダの種


d0298558_12171422.jpeg
ギョリュウ  ロゼア
今年は花が遅く、乾燥で下葉が茶色くなりましたが、途中からしっかり水遣りをすると生き生きしてきました。
d0298558_12174162.jpeg

d0298558_16114261.jpg
暑さに耐えて咲いてきた花たちですが、あのとんでもない迷走台風の前日には、特に背が高いもの中心にバッサリとカットされ、翌日の教会の集会のお飾りとなりました。
二番花を楽しみに暑さが和らぐのを待とう。

[PR]
# by shizukk2000 | 2018-07-31 12:08 | ガーデンダイアリー