blessgarden

shizukk.exblog.jp
ブログトップ

実の季節

d0298558_23580550.jpg
今年はいちじくが30個ほど収穫できた。
植えて10年以上、なかなか実をつけなかったが、大きく艶やかな葉っぱを観葉植物のように楽しんできた。


d0298558_00195310.jpg
6月中旬、無花果の漢字の如く、花も咲かずにいきなり茎から実がついた。調べると花が咲かないのではなく、実の中に花が咲いているので、外からは見えないとのこと。食べるぶんが花ということらしい。


d0298558_00072496.jpg
20日ほどで かなり大きくなった。

d0298558_23595145.jpg
8月終わりころに、さらに膨らみ、おしりがぼてっと大きくなって色づきかけたかと思うと、2日後には食べ頃に。
1日一個ずつ熟す とか、 1ヶ月で食べられるようになることからいち+じくす=いちじくという説も。
鳥もよく知っていて、毎朝くちばしでつついた跡が広がっていく。
完熟したのから冷凍し、いちじくジャムを作ることに。


d0298558_00004947.jpg
80円のアウトレット価格で買ったアロニア
なんと大雪森のガーデンでは列植してあった!
赤紫から黒く熟れる実と艶やかでオレンジ色に紅葉する葉っぱは果樹としてだけでなく、庭の良いアクセントとして役に立ってくれそう。


d0298558_00013015.jpg
りんご アルプス乙女
今年はあまり元気が良くなく、実も少ないが いつもより大きめのりんごが色づいてきた。


d0298558_00050707.jpg
ワイルドストロベリー
ながいこと定位置のまま、増えないけど、実はよくつけてくれる。
裏庭にどこからか勝手に生えたワイルドストロベリーは砂利の上にランナーを伸ばしてどんどん増えている。


d0298558_00082285.jpg
今年のアメリカンホーリーの実のつき方は凄い!
クリスマスの頃が楽しみ!

d0298558_00183014.jpg
原種のバラは実をたくさんつける。
このおぼろ月もクリスマスの頃、赤く色づく。

d0298558_00134020.jpg

北海道 風のガーデンではもうこんなにローズヒップが色づいて、緑の葉っぱとのコントラストがすてきだった


実を結ぶ命
この一年、志半ば、若くして亡くなった方が、とても多かった。59歳 52歳 41歳 34歳ともっともっと生きたくても生きることのできなかった命、どの方も人のお世話が好きで、皆さんに信頼される方だった。沢山の弔問客にご遺族の方も慰めと励ましをいただかれたことだろう。
死という誰にでも訪れる闇を私たちは日常から隠して生きている。若い人の死はそのことをあらわに思い出させてくれる。
生と闘い死と闘い、自分に与えられた人生と受け入れがたい死を受け入れて旅立った方は私たちの先達でもある。
若い頃に3歳のこどもも20歳の青年も100歳の老人もみんな同じ歳、 今日生きている、この1日を大切にしようと教えて頂いたことを思い出す。

果実のように実を結ぶまでの時を待たずに、人間の命は断たれることがある。
私の父も46歳で早逝した。父の命と志を繋いでいきたいと歩んできたこの42年。今振り返るとその年月、姿は見えなくとも父が共に歩んでくれたことを思う。

悲しみにくれる遺された者の心の中で早逝した方の生き様を灯していけたらと願う。

[PR]
by shizukk2000 | 2017-09-17 23:24