blessgarden

shizukk.exblog.jp
ブログトップ

風薫る庭 II

バラがひと段落、紫陽花やカンパニュラの季節となってきました。

d0298558_21243991.jpeg
柏葉あじさい ハーモニー

d0298558_21253852.jpeg
カンパニュラ

d0298558_21263474.jpeg
アランティッシ マーシュ
病気や虫にやられてたのに、元気になってきました。
バラの再生能力には驚かせられます。
d0298558_21304157.jpeg
大きく開いたアラン ティッチ マーシュ


d0298558_21271095.jpeg
ナスタチウムは種から育てると発芽率も良く、成長が楽しみです。
このハンギングは庭で育っているものを寄せ集めて出来上がり!


d0298558_15014942.jpeg

名前すら思い出せないこの子を今年はよーく面倒を見ました。そうすると何年かぶりで花が咲きました!
思い出した! イエローダルマー ハマナス系です。

d0298558_21281990.jpeg
極小シレネ ガリカ クィーンクエベルネラ
とても地味だけど、この子が大好きです。宿根もし、こぼれ種でも増えます。


d0298558_22103493.jpeg
アストランチア ローマ

細々と鉢で10年以上生きていたアストランチア!
花の季節になると二、三個咲いて生きてるよと知らせてくれていた。冬に植え替えたら、見違えるように生き生きと充実した株になった!
長い付き合いながら放置していてごめんなさい。
乾燥、寒さにも強く、冬は全く姿を消すけど、自分の出番は覚えてる。夏の日照りは苦手なようで、いつも木の下草の陰に置かれていた。
宿根草と付き合い始めたばかりの頃にうちに来て、扱いをわからないまま、もう忘れ去られていた。なのに‥ ちょっと手を入れただけでこんなにビビットでチャーミングな花を見せてくれるなんて!涙!


d0298558_21312181.jpeg
コンボルブルス アルタエオイデス

この子もいまいち付き合い方がわからず、花が長いこと咲かなかった。かなりの放置、ハンギングの鉢に土も変えてもらわず、栄養もあまりもらわず。でもその方が良かったみたいで、今年は葉っぱもよく繁り、ついに花も。

宿根草にはまりかけてかれこれ。苗を買って期待いっぱいで、いきなり地植えをして何度失敗しただろう!
ちょっと待て!とりあえず小さめの鉢で根がかなり張るまで。そうして次のシーズン地植えをすると逞しく育ってくれるものが多い。

花も人と同じでそれぞれの特性や個性がわかるまでは、なかなか付き合いづらいけど、見て見ぬふりをしながら様子を見てると、それぞれの時にそれぞれの花を咲かせ、合図を送ってくれる。
日向 日陰 湿潤 乾燥 季節 広いとこ 狭い空間  
朝日 西日 などなど、宿根草は一年以上の長いスパンで庭の環境と折り合いながら棲みついていく。そのプロセスが面白く、最近はバラよりはまってしまっている。
人と交わることの多かった仕事から離れ、今や庭の植物は擬人化され、私はblessgardenのクラス担任!


d0298558_21321075.jpeg
バスシーバ
我が家では最新のイングリッシュローズ
大鉢に植え、つるバラとして成長してくれるのを待ち望んでいるけど、日陰なのでなかなか期待に応えてくれません。


[PR]
by shizukk2000 | 2018-05-31 21:23