blessgarden

shizukk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:私の手慰み( 13 )

光を透す紙の世界

光を透す紙にはまり続けたこの一年。
d0298558_10542625.jpg
トランスパレントペーパーで折ったリース
光を透すと折り目が濃淡として浮かび上がり、幾何学模様やグラデーションの美しい別世界に引き込まれる。
d0298558_10441820.jpg
もみの木
d0298558_10284490.jpg
ポインセチア

d0298558_10290718.jpg
キャンドルホルダー
トランスパレントペーパーをしわくちゃにして、ちぎった紙を透明カップにのりで貼ったもの
d0298558_10291272.jpg
細長く切ったペーパーを織物のように縦横くぐらせて。紙の重なりが透けることで色のグラデーションに。

d0298558_10305405.jpg
クリスタルな星
d0298558_10310745.jpg
16枚のパーツを合わせて
d0298558_10311916.jpg
レインボースター

d0298558_10315212.jpg
五角形の星

d0298558_10322261.jpg
ローズウィンドウは専用のローズウィンドウペーパーを使って。


d0298558_10334554.jpg
ハガキ枠にお花紙を使って
d0298558_10335169.jpg
和紙も含めて透ける紙オンパレード
切れ端を自由に貼り付け、重ねることで面白味が。
型抜きができるのは厚みのあるカラートレーシングペーパー
d0298558_10341220.jpg
ローズウィンドウペーパーを使って
d0298558_10341799.jpg
雪の結晶  切り紙の手法で。
d0298558_10342752.jpg
降誕場面
色の重なりの効果的な使い方が難しい!
赤ちゃんイエスの顔が沈んでしまった。


一年前から光を透す紙を使った保育者向け講習を頼まれ、保育に活かせるアイデアを様々に考えてきた。
光を通して見ると全てのものが、この世の実態とは違うものとして浮かび上がる。色の重なり、形の重なり、明暗、グラデーションが 明らかになり背後に輝く光がある。
一方的に私の方から私の目で見ていることだけが本当のことではないと気づかされる。

自分の手元の灯りで、自分の乏しい知識で、自分の望みや思いで、一生懸命、世の中を見ようとし理解しようとし、働きかけようとし、そのことがいかにも真っ当な生き方だと私は勘違いしているのではないだろうか?
透過してくる光は、自分の目には見えなかったものを映し出し、自分本位の在り方に疑問を投げかけてくれる。
その気づきがありがたいと思えるこの一年だった。



[PR]
by shizukk2000 | 2018-11-23 10:05 | 私の手慰み

バザーあれこれ

d0298558_08454566.jpg
今年のバザーもタイトなスケジュールをかいくぐっての準備、あとは本番に備えて体力調整の段階。2つのバザーが10月の終わりに2日を空けて重なっています。
グリーンネットのチャリティーバザーでは光を通す紙で作るトランスパレントスターのワークショップもさせていただきます。
d0298558_08455107.jpg
あれもしたいこれもしたい!でも今年は教会の婦人会役員として、全体の取りまとめ、準備も入り、思うようにはいかない日々。
2つのバザー共にサシェを用意しました。
d0298558_08460002.jpg
ローズマリーの剪定後、乾かし、こそげ落とした葉っぱをメインにローリエ、ラベンダー、スイートマジョラムでポプリを準備。
d0298558_08460674.jpg
お茶パックに小分けして、ローズマリーのエッセンシャルオイルを数滴垂らしてビニール袋に入れ2、3日 香りを熟成させます。
d0298558_08461246.jpg
京都の生地屋さんのキキパルフェの40柄を使って、サシェ作り。
ひっくり返さなくてもいいようにピンキングバサミで周りをカットした小袋に、ポプリを詰めて、リボンで可愛く結び出来上がり!
お人形のドレスを作ってるみたいで生地に合ったリボンを結ぶ時が一番楽しい作業!

ローズマリーの香りの効いたサシェは戸棚や靴箱など匂いの気になる場所に。


d0298558_08471727.jpg
こちらはポットポプリ用
ローズマリーメインにシナモン、チョウジ、スターアニスなどのスパイスも入れて、ローズゼラニウムのエッセンシャルオイルで熟成。
見た目に可愛く、矢車草の青とピンクのドライフラワーも混ぜます。
お部屋にいい香りが欲しい時、瓶の蓋を開けて楽しみます。
香りが薄くなったら、好きなエッセンシャルオイルを足したり、きれいな色のドライフラワーを足したりと長く楽しめます。
d0298558_08472228.jpg



d0298558_08472785.jpg
クリスマスのミニバザーに向けて、これから用意しようと思っている、小さなローズウィンドウ。封筒に収まるサイズでクリスマスカードの代わりににもなるように作る予定です。


d0298558_08474209.jpg

d0298558_08474563.jpg
d0298558_09494984.jpg

関西学院教会のバザーは28日日曜日12時より。

[PR]
by shizukk2000 | 2018-10-26 08:43 | 私の手慰み

洋裁三昧の日々

お庭の仕事も一段落。雨の日も多い中、作りたかったお洋服を一気に完成させました!
仕事をやめると、仕事着以外の日常着が意外とないことに気がつきました。これからの生活に備え、洋裁頑張ろう!

d0298558_01111869.jpeg
麻のリバティでスリーシーズン着れるブラウスを作りました。
気に入った既成の服から型紙をおこして四苦八苦。
丈をインにもオンにもできるようにして、八分丈の袖口にはゴムを入れて長くも短くも着れるように。もちろん、かぶりの首回りで作りやすく。首回りのサイズ、形は結構こだわって自分に合うように。

d0298558_01115501.jpeg
リバティのための試作 1
d0298558_01122959.jpeg
試作 2


d0298558_01131117.jpeg
ポロシャツにもTシャツにもブラウスにも合うのは、やっぱりシンプルなジャンバースカート!
春秋用

d0298558_01133889.jpeg
夏用

d0298558_01135888.jpeg
秋冬用
と三枚も完成!
これでお古の上着が活かせ、ズボラにおしゃれできます。


d0298558_01143015.jpeg
リバティのコットンでギャザースカート
筒に縫って、ゴムを入れただけですが、幅を縮めると広がり過ぎず、アラ還でもオッケー!

d0298558_10003907.jpg
お気に入りの絣のタンクトップから型紙をおこして、少し厚地のハギレから作製。暑い日も下着も無しで、これをスカートやパンツに合わせて、使いまわしてます。

d0298558_01145840.jpeg
バッククロスタイプのエプロン
エプロンの紐が嫌いな私にはもってこいのエプロン
以前から作りたかったところ、丸十に型紙がありました。
d0298558_01154182.jpeg

洋裁は習ったわけではないけれど、子どもの頃、母が作ってくれた洋服の着心地の良さが今だに忘れられず、また母の側で出来上がるまでの一部始終を見ていたのが、私の原動力。本格的なことはできないけど習ってないからこそできる大胆な私の服作り!



10年も前に作った、お気に入りのチュニック二点。気に入ったものは毎年着るのが楽しみ。
d0298558_02161765.jpeg

d0298558_02165956.jpeg

[PR]
by shizukk2000 | 2018-07-08 01:08 | 私の手慰み

クリスマスのお捧げもの I

d0298558_18230424.jpeg
しばらくぶりにリースを作りました。
久万高原教会の玄関ドアに飾らせてもらうためのリースです。

d0298558_18250796.jpeg
60センチの台がなかなか見つからず40センチのに松ぼっくりをひっつけて台にしました。
d0298558_18242410.jpeg

d0298558_18260400.jpeg

d0298558_18264637.jpeg



クリスマスプレゼント用にストロースターもたくさんつくりました。
d0298558_22121959.jpeg


d0298558_22131275.jpeg


これはヒンメリの星
d0298558_22135159.jpeg
影も素敵でしょ!
d0298558_22142313.jpeg

d0298558_22151545.jpeg



[PR]
by shizukk2000 | 2018-04-04 18:10 | 私の手慰み

多肉と木工のコラボ

若いお母さん達と多肉と木工のコラボ作品を作りました!
d0298558_17480310.jpeg

d0298558_17490981.jpeg

d0298558_18021266.jpeg
これが完成品です。額は既成のものに色を塗り、セリアのチキンネットをタッカーで留めます。

木工で小さなボックスを作り、色を塗ります。
ワイヤーを通す穴を開けてネットに付けられるようにします。


d0298558_18034751.jpeg


d0298558_18043283.jpeg
木工は初めてという人も多く、ほんとならノコギリでカットするところからしたかったのですが、多肉の植え付けもあるので割愛しました。
電動ドリルで穴を開けてねじ釘をドライバーで入れる体験をしました。


d0298558_18052207.jpeg

d0298558_18061438.jpeg
ペンキ塗りも楽しくできました。アンティークな雰囲気にするために汚す作業も!


d0298558_18065636.jpeg

テラスで乾かしている間に多肉植えつけ作業

d0298558_01521230.jpeg

d0298558_01481688.jpeg

好きな多肉をポットから出して土を取り、根を半分ほど切って、新しいポットに植えつけます。
余ったワイヤーを円錐にして、ドリップペーパーを中に入れて土を入れ、そこにも赤ちゃん多肉を植えつけました。


多肉の葉っぱが取れて乾燥していくと、根元から赤ちゃん多肉が育ってきます。その様子をみんなで観察。

萎びていく葉っぱは子育てに疲れているお母さんのようでもあり、でもそのマザーリーフから新しい命が生まれてくる様子は、子育てを経験しているお母さんにとっては感激もひとしお!

多肉を愛しいと思って頂けたことで、きっと皆さん上手に育てられることでしょう。
そして女性にも木工楽しめることを体験していただいて、心豊かに人生を過ごす技を一つ得られたこととおもいます。

何よりお子さんから開放され、夢中で取り組めたことでリフレッシュされたことと思います。
素敵な時間を皆さんと共有できました💚

[PR]
by shizukk2000 | 2018-04-04 17:40 | 私の手慰み

秋のバザー 準備 OK

10月にある2つのバザーに向けて準備してきた雑貨小物がほぼ出来上がりました。


木の葉のクロッシェ
アクリル製はエコたわし、ジュートはなべ敷き、
ウールはコースターや鍋つかみにと素材によって使い分けます。
1つ20分ほどで編めるので、ちょこっと休憩時間や気分転換にどんどこ編めて達成感も嬉しい
小さい頃に編み物を教えてくれた母が最近は指の調子が悪くて、遠のいていましたが、目の前で私が編むのに刺激されて、編むようになり、良いリハビリになったよう。お世話になった方に差し上げるのが、また嬉しくて励みになるようです。
d0298558_12484981.jpg


ストロースター
麦わらで作ったドイツのお飾りです。ヒンメリと似ていますが、平面の仕上がりになります。
ドイツや北欧では麦わらは日本の稲わらのようなもの。
お正月のしめ飾りのようにクリスマスから新年にかけてお飾りします。
麦わらは素朴だけれど光が当たると、きれいに輝いて存在感があります。電灯や窓辺に吊り下げると素敵で一年中楽しめます。
d0298558_12493085.jpg

d0298558_12500821.jpg

d0298558_12505106.jpg


落ちないマグネット栞
なんと約600個も作り、半分はすでにプレゼントに使いました。作り方がだんだん上達し、職人さんのような毎日を過ごしました。
d0298558_12515221.jpg


上等の日本手ぬぐいが安く手に入ったので、あずま袋に仕立てました。畳んでハンカチ代わりにしてもいいし、いざという時には、頼もしいエコバッグになってくれます。
d0298558_12543416.jpg

d0298558_12531887.jpg

出品先は
チャリティ 1day雑貨shop 三田グリーンネット主催
10月25日(水)
エスコヤマ横ログハウスにて

関西学院教会 秋のバザー
10月29日(日) 午後1時頃より

[PR]
by shizukk2000 | 2017-10-01 12:45 | 私の手慰み

私の手慰み 落ちない栞作り

使ってみると意外と便利で助かる、マグネットで挟み込む 落ちない栞!
今流行りのデコパージュ用の糊で作ると簡単に作れます。

d0298558_01023340.jpg


用意するものは
・デコパージュ糊 セリアのが 使いやすいです。
・紙 折り紙や和紙 包装紙等少し厚めのもの
・刷毛
・マグネット 分割されていてシールになっているもの
みーんな100均で揃います。
d0298558_01023567.jpg


そして布地
約15×5センチあればオッケー
ちょっとした余りぎれや思い出のきれなど、せっせこ切りためておきます。
d0298558_01023768.jpg


折り紙のサイズは15×15センチなので、ちょうど3つ分できます。
左の白い型が栞ひとつ分、12×3.5センチです。
透明の型は半分の大きさです。
d0298558_01023906.jpg


さていよいよ接着❕
この作業がみそです。
まず紙の裏にだいたい布一枚分 デコパージュ糊を刷毛で塗り、布を貼り付けます。紙の向きは曲がりやすい方を横にします。
一枚貼ったら、今度は布の上に刷毛で糊を塗り、紙と布とが一体化するようにします。
糊は意外とすぐ乾くのでさっさか行います。
紙や布の厚さ、また糊の染み込み具合など、それぞれなので様子を見ながら、貼り合わせます。
布の色や柄と紙の色柄をマッチさせていくと楽しいです。
布はバイアスでも大丈夫!
好きな柄の部分を切り取ると、愛着もわきます。
d0298558_01024124.jpg


乾かして、本などを乗せてプレスしたものを切り分けていきます。
d0298558_01024442.jpg


半分に折り、型を鉛筆で取り、二枚合わせて線の内側を切ります。柄の出方を考えて切る位置を決めます。
最後にマグネットを貼り付けます。
マグネットを片方に貼り、その上に磁気の向きが合うようにもうひとつを重ねます。栞を半分に折ると、2個目のマグネットが丁度いい位置に付きます。
d0298558_01024604.jpg


完成すると、なんか 布地が活きて いとおしい一品となります。
読みかけの本やスケジュール帳、また2 3枚の紙をまとめるのにも重宝します。
なんせ落ちないから安心!
d0298558_01024852.jpg


今年は2つのチャリティーバザーとお世話になった、たくさんの方たちへのお礼に、300個位は作ろうかな💓

d0298558_01025092.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2017-07-20 17:39 | 私の手慰み

念願のヒンメリレッスン

とても近場でヒンメリを教えて頂ける機会が❗
シュタイナーのお店でヒンメリセットと本を買ったばかりで、
独学しようかと思っていたところにいい先生を紹介していただきました。
レッスンの場所はまたまた素敵なあぷりこーぜさん。
三田の自然の中にたたずむカフェレストランです。
先生は田鍋先生。先生も同じくパーシモンさんに飾ってあるヒンメリに感動して その作り手を訪ねて教えてもらったそうです。
ヒンメリから感じる宇宙を共有できた とても楽しく素敵な時間でした。

お庭で
d0298558_14541336.jpg

ヒンメリの影が素敵です
d0298558_14541828.jpg

d0298558_14542242.jpg


定位置は階段横に。色んな位置から見られて、光の影も壁に映ります。
d0298558_14542374.jpg
d0298558_14542513.jpg


次回はこれに挑戦したいです❗
d0298558_15072018.jpg


[PR]
by shizukk2000 | 2017-07-08 14:36 | 私の手慰み

DNA自慢

d0298558_0481514.jpg

「見つめる」by Shuku 卒展




d0298558_051711.jpg

デザイナーの卵の作品を撮影
デザイン賞をもらったそう
by Ryosuke



しかし芸大の学費は半端ない
たまには母を喜ばせて!
[PR]
by shizukk2000 | 2015-03-04 00:46 | 私の手慰み

憧れのヒンメリレッスン

意外と大変 麦藁細工 風雅舎さんで教えてもらいました。
d0298558_2334278.jpg

d0298558_23342950.jpg

d0298558_23344660.jpg

三田のパーシモンさんにとても大きなヒンメルが吊るしてあり感激!毎年クリスマス前にはレッスンがあるようで受けてみたい。
自然のものを使った飾りに惹き付けられるのは 祖父が畑で大豆の茎や麦わらで作ってくれたみこしや虫かごの温かい思い出があるから。今になって感じる。おじいちゃんが私にくれた賜物を。
[PR]
by shizukk2000 | 2015-03-03 23:30 | 私の手慰み