blessgarden

shizukk.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我が家のビオトープ

夏はめだか!
三田の冬は厳しく何度もめだか飼育 を失敗に終わらせてる。なのに春になるとめだかがいないのを寂しく思い、ついつい買ってくる始末。今年は小野市のひまわりの丘公園JAからいい子達を連れてきた。
d0298558_2255022.jpg


懲りない私のいいところは、毎年 飼い方のコツを向上させていること!


死なせずに飼うこと そしてできるなら繁殖させたい

わんさか繁殖したにもかかわらず 親に食べられていなくなってしまった二年前の悲しい出来事。
雨で水が溢れて流れ出てしまったことも。
藻の繁殖で動けなくなっておなくなりになったこともある。
忙し過ぎて餌のやり忘れはしょっちゅう。
細やかに関われない飼い主でめだかにとっては過酷なことに。

しかし今年は力強い味方が!
介護から解放された夫が甲斐甲斐しく餌やりと状況報告をしてくれる。そのお陰か梅雨明けと同時に可愛いめだかの赤ちゃんの姿を発見!
d0298558_2256021.jpg

d0298558_22571028.jpg

d0298558_22585174.jpg

たにしがいつのまにか出現
d0298558_22592271.jpg

ウォーターマッシュルームに尺取り虫が
d0298558_2303862.jpg



ヤギのおじさんからの教え通り雨水で育て 繁殖期は餌をたっぷりと。水草を入れて産卵場所を作る。
また養分が多くならないように睡蓮等を入れて養分をすってもらい水が濁らないようにすること。
日がよく当たると藻が繁殖するが二股のワイヤーでクルクル巻き取ると かなり退治できることも発見。
今年は水質が改善される餌 つまり排泄物がうまく分解される餌も見つけてきたので 三つのめだか鉢共に環境よく順調。
特に古道具屋さんでゲットした鉄鍋の水槽のめだかは元気がいいように思う。

小学生のころ 夏には こぶなやめだかをタオルですくって捕ってきては水場に放して遊んだ心躍る体験が今も瑞々しくよみがえる。

我が家のビオトープが夫にとって癒しの空間になったことが何より家庭の平和に!
[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-22 23:42

梅雨明けのお庭

台風11号がもたらした雨と風。庭は荒れ、雑草は水分を得て勢いよく伸び 草草緑一色に。三連休の最後の日 意を決して庭へ。
とりあえず水やりをしていると道からすみませーんという声。
出てみると見知らぬおばさんが「いつもこの道を通る度、このお庭はどんな人が作ってるのだろうと思っていて今日は思わず声をかけました」とのこと。
「白馬にあるお庭のようで木の木陰もありいつも楽しみに通ってます。」と嬉しいお声をかけて頂きました!
夏の庭仕事はうんざりすることばかりだけど こんな励ましをいただくと単純に頑張れる私!

そしてよーくみると梅雨明けのお庭は夏の彩りに!

d0298558_20291896.jpg

d0298558_20512321.jpg


d0298558_20314765.jpg

d0298558_20322677.jpg

d0298558_20325321.jpg

d0298558_20333838.jpg

d0298558_2034263.jpg

d0298558_20342667.jpg

d0298558_20351191.jpg

ナツユキカズラ
d0298558_20353448.jpg

d0298558_20372426.jpg

d0298558_20375713.jpg

d0298558_20382537.jpg

d0298558_20384299.jpg

d0298558_2039699.jpg

d0298558_20393668.jpg

d0298558_2040830.jpg

d0298558_20404153.jpg

d0298558_2041598.jpg

d0298558_20413215.jpg

d0298558_2042816.jpg

d0298558_20455263.jpg

d0298558_20462151.jpg

d0298558_20465493.jpg

d0298558_2047262.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-20 19:11

庭の害虫

害虫も庭の生態系には欠かせない仲間でもある。
バランスよくいてくれさえすれば。
おとしぶみ
d0298558_23193671.jpg

d0298558_22263971.jpg

d0298558_22271046.jpg


d0298558_23195033.jpg

d0298558_2320785.jpg

d0298558_23202281.jpg

d0298558_23204413.jpg

d0298558_23205972.jpg

d0298558_23212269.jpg

d0298558_23214333.jpg

d0298558_2322112.jpg

d0298558_23221641.jpg

コガネムシは自ら水に飛び込む
d0298558_22305544.jpg


d0298558_2324266.jpg

d0298558_23264317.jpg

d0298558_22291266.jpg


4月初旬 早くも発生
d0298558_5414860.jpg

4月終わり頃
ヨトウムシ
d0298558_22372340.jpg

d0298558_22384071.jpg

d0298558_22393412.jpg

d0298558_22234985.jpg

しゃくとり
d0298558_2225225.jpg

d0298558_22255791.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-12 23:27 | ガーデンダイアリー

庭の仲間

害虫退治に一翼担ってくれる仲間たち
d0298558_1758462.jpg

d0298558_180120.jpg

d0298558_5404392.jpg

暑いくらいの春日和 かなへびがひなたぼっこしてました
d0298558_21435235.jpg


d0298558_20314270.jpg

てんとう虫の幼虫
d0298558_20322285.jpg

d0298558_2036118.jpg

ヒラタアブ
d0298558_20363659.jpg

d0298558_2039840.jpg

d0298558_20401572.jpg

d0298558_2046665.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-12 17:55 | ガーデンダイアリー

捕獲 ! カミキリ虫

ジェームズ ギャルウェイの枝を登っていたゴマダラカミキリを捕獲。
d0298558_0131385.jpg

さなぎからかえったばかりか
卵を産み付けた後か。
丹念に調べてみる必要あり。
とにかく捕らえられたカミキリは足で踏みつけられる運命に。
3本あった白樺もやられてしまった。毎年3本ほどはばらも被害を受けている。細い茎の中に棲んでどんどん食べられたら、中は空洞となり、枯死してしまう。それもゴマダラカミキリは地際近くの太い茎を狙って卵を産みつけ、幼虫は下の太い根っこへも侵入。早期発見 処置が肝心。
私は木くずを見つけたら キリでほじくり 幼虫をひとつき!
[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-11 23:39 | ガーデンダイアリー

コガネムシの幼虫退治

d0298558_012128.jpg

d0298558_20553566.jpg


お気に入りのグレイスがなぜか元気がなく シュートの出方も悪い。
土の表面をさわってみるとふわふわしている。この時期本来ならば根が上の方も張って白根が見えたり、はびこった根で土が硬く感じられたりするのだが。あやしいぞ!
ふわふわの土をよけてみると
やっぱりいた!コガネムシの幼虫。

d0298558_0103395.jpg

幹のすぐ下の根っこはほぼない悲しい状態。
掘り進むといたいた!一匹いたら10匹はいるそうな。
d0298558_0143160.jpg

背中で歩いて逃げ出すものも。
d0298558_0165284.jpg

d0298558_0171441.jpg

もういないと思うけど心配
オルトランを撒いたらいいと聞いたけど 無農薬で頑張ろう!でも大事なグレイスがいなくなるのも悲しい。
エディブルではないので、農薬を最小限有効に使うのもありかもと心揺れつつ手で退治。

d0298558_0285021.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-09 23:57 | ガーデンダイアリー

香愛ローズガーデンに行ってきました

思い切って飛騨高山河合町にあるばら園まで出掛けてきました。行きは名神 東海北陸道 帰りは中部縦貫から九頭竜ダム経由 北陸自動車道 舞鶴若狭自動車道にて770キロの七夕ドライブ

d0298558_0111658.jpg


木の国 飛騨のばら達は木のチップの上に気持ち良さそうに寝そべっている。
d0298558_013533.jpg

川のせせらぎを聴きながら健やかに
d0298558_0183759.jpg

山を渡る風の音を聴きながら逞しく
d0298558_0201295.jpg

d0298558_0215549.jpg

d0298558_0225268.jpg

d0298558_023263.jpg

d0298558_0235996.jpg

d0298558_0243357.jpg

d0298558_0251929.jpg

d0298558_0255118.jpg

d0298558_0261367.jpg

d0298558_0263274.jpg

d0298558_0265380.jpg

d0298558_0271814.jpg

アイリッシュエレガンス
d0298558_0274710.jpg

d0298558_029872.jpg


標高高い河合町は一ヶ月遅れのばらのシーズン。
イングリッシュローズも多く、どのばらも好きなようにお育ちなさいとばかりに支えなど無しに自由に繁っている。園全体に飛騨の山で取れた生木のチップが敷き詰めてあって アーチになった枝は気持ちよさげに地面を這っている。
シュートの出方が今までの認識を覆すほどの勢い!支え等要らない、自立できるだけの栄養を土からもらっている。病気もなく葉っぱも艶々と椿の葉を思わせる。どんな育てかたをしてるのだろう。

何故か1000円で売られているイングリッシュローズに多少驚き またほとんど品種が表示されていないおおらかさに残念さと笑いと。

買ったイングリッシュローズの品種を知りたいというと生産者がすぐ近くに住んでるからと紹介され訪ねてみることに。
実はこの生産者さん、イングリッシュローズでエディブルローズを作って出荷している方だった。160種類あるイングリッシュローズを試して 食用にするため無農薬で育てることが可能な品種を選別し育て方を考案、その上販売方法 販売ルートまで開拓して河合町をイングリッシュローズで活性化している方らしい。

神戸ナンバーのうちの車を見て
ばらの大手出荷先がなんと神戸のお菓子メーカーだと大喜び!ローズパイが大人気で相当儲かったらしい。

イングリッシュローズの育種会社デイビット・オースチン ローゼスのばらを食用ばらとして活用しているのは世界でもただひとつ このおじさんが代表をしている香愛 ローズグループのみとのこと。

帰りの車中で夫曰く。実家の畑でやってみたら?
商売は苦手だけどばら園ならもう少しセンスよくできるかも?!
でも無農薬であれだけ丈夫に逞しく育てる方法 学ばせてもらいたいもの。まだまだ私のばら修行は続きそう。


帰路は秘境 九頭竜ダム経由。きっともう通ることはないだろうと 高さにくらくらしながら写真におさめてきた。
d0298558_245553.jpg

d0298558_251457.jpg

d0298558_23191521.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-06 00:09 | ガーデンダイアリー

お気に入りガーデンショップ

d0298558_2317525.jpg

d0298558_23172739.jpg

神出町R175沿いにある の々花
さん。とってもナチュラルな雰囲気で植物のチョイスも私好み。 苗の質も良く珍しい宿根草に会える。。
アンティークやブロカントの雑貨も豊富。
とにかく植物がすきー!という想いが伝わってくる花壇や寄せ植え。。穴の空いた一輪車や塵取りもプランターに変身。アイディアが遊び心を触発してくれる。植物も居心地良さそうに機嫌よく育っている。
4月からもう三回もお出掛けしてしまった。夫もはまったようで熟年夫婦の善き気晴らしの場に。

以下我が家にお連れした方達。

d0298558_2203762.jpg

d0298558_23183350.jpg

d0298558_23191595.jpg

d0298558_23193971.jpg

d0298558_23195863.jpg

d0298558_23202398.jpg

d0298558_23205181.jpg

d0298558_2321819.jpg

d0298558_23213237.jpg

d0298558_2322684.jpg

d0298558_23224187.jpg

[PR]
by shizukk2000 | 2015-07-01 22:14 | ガーデンダイアリー